Stella di Camplato Brunello di Montalcino Riserva 2010 ステッラ・ディ・カンパルト[赤]750ml
5e6de7252a9a420d19b76d1c 5e6de7252a9a420d19b76d1c 5e6de7252a9a420d19b76d1c

Stella di Camplato Brunello di Montalcino Riserva 2010 ステッラ・ディ・カンパルト[赤]750ml

Last 3

28,500 JPY

Free shipping

About other shipping cost

《イタリア/トスカーナ/赤/サンジョヴェーゼ/フルボディ》 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルヴァ 2010 当主であるステッラ・ディ・カンパルト女史は19歳の時に結婚と出産、経済的にも恵まれそのまま大学にも進学する予定だったそうです。しかし義母からモンタルチーノの土地を贈与され1992年にサン・ジュゼッペを設立します。1996年には有機栽培の認証も取得し、1999年にブドウ樹を植樹、醸造所を構えます。 最初のワインは2001年のロッソ・ディ・モンタルチーノ。ブルネッロを名乗れる畑からのブドウのみで醸造されながらも、熟成期間を寸止めでロッソを名乗るのを数年。1999年に植樹したブドウ樹達がビオデナミの認証を受けたのを機に2004年からブルネッロ・ディ・モンタルチーノのリリースが始まります。公式サイトでは、ロッソの生産本数はビンテージによってまちまち。ブルネッロも当初よりも増えましたが、本数は年号によって大きな変化もありそうです。 師は、サリクッティのフランチェスコ・レアンツァ。そのサリクッティでエノロゴも勤めるピアン・デッロリーノのヤン・ヘンドリック・エンバッハ氏も仲良しですね。実は、以前にモンタルチーノを訪問した際はセン・ジュゼッペにも訪問しました。エージェントを勤める林氏も惚れ込むモンタルチーノで最高の立地を誇ります。 現在、下記のクリュを持ちます。一部、メルロ他を混醸するロッソ・ディ・ステッラなども発表されていますので、一番下のサンタンティモDOC管轄内ではメルロ他の品種を栽培していると思われます。 ・Vigna al Leccio  340m 南西向き Brunello di Montalcino DOCG ・Vigna Curva   320m 南西向き Brunello di Montalcino DOCG ・Vigna al Sasso  290m 南東剥き Brunello di Montalcino DOCG ・Vigna Bassa   270m 南向き Brunello di Montalcino DOCG ・Vigna all'Ulivo  280m 西向き  Brunello & Rosso di Montalcino DOCG & DOC ・Vigna al Bosco  240m 南向き Sant Antimo DOC ブドウ畑は約5ha。樹齢は12年。haあたり5,500本の株密度となります。土壌はガレストロ、火山性土質、粘土質、鉄分の多い土が混じります。 醸造所は三階層に分かれ、重力に逆らわないグラヴィティーシステムの構造を持ちます。区画別の醸造で、円錐型の20hlから40hlの樽でのアルコール発酵とマロラクティック発酵が施された後、500Lと15hLから17HLの大小様々なオーク樽の併用で45ヶ月もの長期たる熟成のあと瓶詰め。瓶詰め後も30ヶ月の瓶熟成期間をへてようやくリリースとなりました。2010年のリゼルヴァは10,800本の生産本数となります。  公式サイト  http://www.stelladicampalto.it/ 公式サイトの"Prodotti"にはIGTであるRosso di Stellaは掲載されていませんが、これまでにリリースしたロッソ・ディ・モンタルチーノや、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの生産本数、樽熟成期間、瓶熟成期間がすべて記載されています。ブルネッロ・ディ・モンタルチーノに関しては2004年から記載されていますが、2009年から、リゼルヴァのみをリリースしています。今後はビンテージによってアンナータのみ、リゼルヴァのみ、全量格下げなどもあるかもしれませんね。  ■2010年のビンテージ情報  冬は非常に寒く積雪もあった2010年ですが、この影響で強い寒気によるバクテ  リアなどが平年よりも消滅し、病気発生が抑制されブドウは非常に健康に育ち  ました。春夏の気候も理想的に推移し完璧なビンテージになりました。  サン・ジュゼッペでは10区画以上の畑を持っていますが、すべての区画で良い  収穫を迎えることができた素晴らしい年です。2010年は果実味豊かなインパク  トの強い年と思われがちですが、サン・ジュゼッペのワインは力で押さず、人  を招きいれるような魅力あるワインに仕上がっています。今からでもすぐ楽し  めますが、より瓶熟成をすることで素晴らしいワインに変化していきます。